STUDIO RAY
About Us
クリッピング
レッスンメニュー

呼吸 発声 ストレッチ マッサージ アレルギー ダイエット New Topics

クリッピング

食生活と身体の改善
勉強会 1
加瀬玲子の食事メニュー 1
勉強会 2
勉強会 3
勉強会 4
勉強会 5
勉強会 6
勉強会 7
勉強会 8
勉強会 9
勉強会 10
旅公演中も自炊!
勉強会 11

再生不良性貧血とぜんそく
1 再生不良性貧血とぜんそく
2 アレルギーの記憶
3 卵巣膿腫の手術
今日嬉しかったこと
4 東京の大学病院

あなたの滑舌は大丈夫?

身近にできるケア
気圧と身体
アレルギー情報
冷え性の方に
バスタイム
アトピー情報
風邪をもらわない対策
風邪をひいたら

北海道・道東
室生寺
お伊勢さん
白山
奄美大島
九州
塩屋埼
ペルー
フィヨルドランド
ネパール

高校演劇

冷え性の方に

● 身体の暖め方

・仙骨(尾てい骨)を暖めましょう。冷えを一番改善できる身体の部所は、仙骨です。足先だけを暖めるのではなく、腰やお腹周りを、暖めましょう。

・手首と首周りから身体の中に冷気が入るのを防ぎましょう。これだけで、体感温度はかなり上がります。

・マスクを着けましょう。乾燥や風邪を予防するだけではなく、冷気が直接身体に入らないようにします。

もちろん身体全体を冷やさないのがベストですが、この3点は特に大事です。
<2001年1月>

● 寒い冬の過ごし方

あけましておめでとうございます。

暖い冬に慣れていた私たちにとって、今期の冬はとても寒く感じます。寒さに対する防備は万全ですか? 特に陰性の体質の人達は、常に身体を暖かく保つことを心掛けてください。冷えは自分の悪い体質の部分を悪化させます。

ただし冬の間は、西高東低の気圧配置に落ち着くことが多く、気圧が安定しやすいので、身体も安定しやすいのです。寒さと乾燥さえ気をつけていれば、春や秋のように体調を崩すことは少なくなります。また、大気が陰性になるお陰で、身体も柔らかく、体質や身体を改善するのには絶好の季節です。身体が冷えないように気をつけながら、呼吸やストレッチに励んでください。

体温を保つ方法としては仙骨(尾てい骨)を暖め、首や手首から冷たい空気が入らないようにすると良いでしょう。靴下を何枚も履いていても、これらの部位が冷えると、身体全体が冷え、体感温度が下がってしまいます。あとは吸気から冷えないようにマスクをしましょう。マスクは乾燥も防ぎ、風邪の予防にも役立ちます。

では、今年が皆様にとって良い年になりますように。

<2003年1月1日 加瀬玲子>


スタジオ・レイ  〒168-0064 東京都杉並区永福4-19-7 ヴォイスィングビル  TEL: 03-3328-0623

Copyright (C) 1999-2017, Studio Ray. All Rights Reserved.