STUDIO RAY
About Us
クリッピング
レッスンメニュー

呼吸 発声 ストレッチ マッサージ アレルギー ダイエット New Topics

アレルギー

症状別
ぜんそく
アトピー性皮膚炎
花粉症

原因と改善策
アレルゲン
低気圧
生活の中の素材
陰陽
食事
ストレス
季節・水・時間
マスク
お風呂
寝具
家具
薬との付き合い方

食生活と身体の改善

食事

アレルギー体質の人は、アレルゲンである食材はもちろん避けたほうがよいでしょう。でも、それだけではないのです。ただ検査結果だけで、アレルゲンを限定するのは、決して賢明なことではありません。正しい呼吸やストレッチを行なっていれば、自己治癒能力が強く働くようになり、そのときに欲する物が一番必要な食べ物になっていきます。

しかし本能の働きが鈍い状態では、自分にとって何が一番必要か分からず、目や口が欲するままに食してしまうのです。アレルゲンとは別に、症状が出ていても、いなくても、アレルギー体質の人に良い食材と悪い食材を並べてみました。参考にしてください。

●悪い食材

・【なす科(なす・トマトなど)】 なす科は、一年中避けたほうが良い。

・【うり科(きゅうりなど)】 うり科は、夏の旬の季節に食べるのはOK。

・【夏野菜(レタスなど)】 基本的に真夏の暑いとき以外は、避けたほうが良い。特にアトピーの人は、真夏でも、冷房の強い部屋で、生野菜のサラダを食べるのは、アトピーをひどくする行為以外の何物でもない。

・【肉類】 すべての肉類は、血液を汚すと言われている。蛋白源は、なるべく大豆や小魚で摂ったほうが良い。

・【遠海物の大きい魚類(まぐろ)】 近海の手のひらサイズまでの魚のほうが良い。

・【砂糖類】 甘みをつけたければ、三温糖やはちみつにする。

・【トロピカルフルーツ】 亜熱帯地方などの、日本とは違う気候で育った果物は避ける。

・【アルコール類】

●良い食材

・【利尿作用のあるお茶】 季節・水・時間のページでも述べているが、水の時間に身体の水分を外に出すことは効果的。また、カフェインは、抗アレルギーの効果があると言われている。煎茶の濃い香りを嗅ぐだけでも鼻炎が楽になる人もいる。

・【りんご】 抗アレルギー効果があると言われていて、いつ食べても良い。

・【梅醤番茶・蓮根茶】 自分でも作れるが、自然食品屋で手に入る。

・【根菜類】

・【ごま】

・【玄米】



スタジオ・レイ 〒168-0064 東京都杉並区永福4-19-7 ヴォイスィングビル TEL: 03-3328-0623

Copyright (C) 1999-2017, Studio Ray. All Rights Reserved.