STUDIO RAY
About Us
クリッピング
レッスンメニュー

呼吸 発声 ストレッチ マッサージ アレルギー ダイエット New Topics

呼吸

加瀬メソッド
表現者チャート

中心呼吸のプロセス
1 正しい身体のライン
2 丹田を起こす
3 仰向けの中心呼吸

セラピューティック
健康チャート

リラクゼーション
撫でる呼吸
カプセル呼吸
ゆらぎ呼吸
アロマ呼吸
大地呼吸

撫でる呼吸

まずは、うつ伏せの中心呼吸を行ないます。このとき、丹田は意識しません。次に、息のラインを

頭蓋骨 → 首の骨 → 背骨 → 腰骨→ 尾骨 → お腹 → 胸 → 口

の順にイメージします。口まで戻って来たらそのまま吐いてください。

長い時間かけて吸ったり吐いたりする必要はありません。自然の流れのスピードで良いのです。吸うときには、息でこれらの場所をやさしく撫でるようにしてください。吐くときはストレスや身体に溜まった悪い物を、息と一緒に吐き出してください。

●撫でる呼吸+ハミング

撫でる呼吸にハミングをプラスします。みぞおちまで息が上がって来たら、「ンー」とハミングします。音は胸や背中を伝わり、身体全体に響きます。もしストレートな音ではなく、途切れる音だった場合はストレスが解放されていない状態です。横向きになり再度繰り返してください。寝苦しいときに寝る形です。横向きが一番腰の筋肉を解放することができるそうです。

繰り返しハミングすることにより、いらだった交感神経が治まり、副交感神経が働き始め、身体は休まる方に向います。身体の重みを感じ始めたらそのままお寝みください。

●いつでもできる撫でる呼吸&ハミング

横になってできるようになったらいつでもどこでも撫でる呼吸やハミングを行ないましょう。ストレスを感じたとき、すぐに撫でる呼吸をすることで、身体にストレスを溜めないようにすることができます。まわりに人がいたりした場合、「スーッ」と口から吐く必要はありません。鼻から普通に吐いてください。小さい音でハミングするのも効果的です。電車の中や雑踏の中では、意外と気付かれません。一度試してみてください。



スタジオ・レイ 〒168-0064 東京都杉並区永福4-19-7 ヴォイスィングビル TEL: 03-3328-0623

Copyright (C) 1999-2017, Studio Ray. All Rights Reserved.