STUDIO RAY
About Us
クリッピング
レッスンメニュー

呼吸 発声 ストレッチ マッサージ アレルギー ダイエット New Topics

発声

加瀬メソッド

発声のプロセス
1 うつ伏せの中心呼吸
2 腰でため息をつく
3 ハミングを鳴らす
4 ロングトーンを鳴らす

母音を鳴らす

セラピューティック

2 腰でため息をつく

つぎに息を声につなげてみましょう。“腰でため息をつく”のです。

まずは呼吸だけで行ないます。うつ伏せで、息のラインを通して袋がいっぱいになるように息を吸います。ここまでは中心呼吸と同じですが、吐き方が変わります。袋の出口から息のラインを考えずに吐きます。「スーッ」と無声音で吐かず、何の抵抗感もなしに一度に吐いてください。このとき、袋の出口は開放され、広くなります。

次にため息をついてみます。声帯が袋の出口にあるとイメージしてください。ため息の呼吸で吐いた瞬間に、音は同時に胸や背中に広がります。思わず音(声)が出てしまったくらいの感覚です。音は口からだけ出てくるのではありません。身体全体からも、深い音色が伝わってくるのです。



スタジオ・レイ 〒168-0064 東京都杉並区永福4-19-7 ヴォイスィングビル TEL: 03-3328-0623

Copyright (C) 1999-2017, Studio Ray. All Rights Reserved.